スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(再掲)「ひめゆりの塔」の真相はこれだったのか!~米軍によるサイパン大虐殺とバンザイクリフ!

(再掲)「ひめゆりの塔」の真相はこれだったのか!
 ~米軍によるサイパン大虐殺とバンザイクリフ!





$wantonのブログ

                http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=3934580




大摩邇(おおまに)さんのサイトより

バンザイ・クリフ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1777412.html

一部のみ転載


「ヤルタ体制の嘘もいい加減にしろ」  2013/5/18
http://blog.ap.teacup.com/jiritu/2509.html?ap_protect=fdrfzfbmhf0

なぜ、沖縄にひめゆりの塔があるか

アメ公がサイパンを占領した時

そこにいた日本人オンナ全員を強姦し、虐殺してゴミ捨て場に棄てた

それを伝え聞いた沖縄の女学生は、強姦される前に先に死んだのである。

東京に外人用パンパンを準備したのもアメ公のこの行為のせい

いまさら何を言うかアメ公

開始>
サイパン島バンザイ・クリフの悲劇は米軍の強姦と虐殺が誘発した
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/24845255.html

昭和19年7月、サイパン島陥落時に邦人男女が「万歳」を叫んで次々に
断崖から海に身を投げて自殺したいわゆる“バンザイ・クリフ事件”
実は米軍による婦女暴行や虐殺が誘発した事件であったことが生々しい
自殺説として『我ら降伏せず サイパン玉砕の狂気と真実』
田中徳祐著に綴られていた。


$wantonのブログ


彼は敗戦後もゲリラ活動で戦い通した元陸軍大尉である。 
この著書はもはや絶版となっており、大きな図書館にかろうじてあるくらいだ。

その手記の一部であるバンザイ・クリフ事件の項を紹介する。



「いまだにジャングル内に残っている日本の兵隊さん、住民に告ぐ。
いまかけた歌は、なんと懐かしい歌ではありませんか。
みなさんの幼い頃を思い返してください。
一日も早く、平和な日が訪れるのを、
故郷の父母が待っていることを忘れないでください」

 そしてさらに、
「米軍は虐待しません。命が大切です。早く出てきてください」 
投降を勧める放送は再三くり返された。


 我々はその放送を頭っから否定した。
「そんな甘い手に我々がのると思うか」
放送を耳にすればするほど、強い敵気心が湧いてきた。

 投降呼びかけの放送とはうらはらに、
米軍は人道上許しがたい残虐な行為を次々と展開しだした。


 我々は、バナデルの飛行場を見おろせる洞窟に潜んでいた。
距離にして1000米くらい先に、上陸してすぐの3月20日から
作業をはじめ完成させた滑走路が横たわっていた。
しかしいまは米軍の砲爆撃で無惨な姿をさらけだしている。

 そこへ、三方から追いまくられた数百の住民が逃げ込み、
捕われの身となった。 
幼い子供と老人が一組にされ、滑走路の奥へ追いやられた。

婦女子が全員、素っ裸にされた。
そして、無理やりトラックに積み込まれた。
積み終ったトラックから走り出した。
婦女子全員が、トラックの上から
「殺して!」「殺して!」と絶叫している。
 その声がマッピ山にこだましてはねかえってくる。

 やがて、次のトラックも、次のトラックも走り出した。 
絶叫する彼女たちの声はやがて遠ざかつていった。 
……なんたることをするのだ! 
小銃だけではどうすることもできない。
もし、一発でも発砲すれば敵に洞窟の場所を知らせることになる。
この悲劇をただ見守るより仕方ない。
この婦女子はその後、1人として生還しなかった


 婦女子が連れ去られたあと、こんどは滑走路の方から、
子供や老人の悲鳴かあがった。ガソリンがまかれ、火がつけられた。
飛び出してくる老人子供たち。その悲鳴・・・。

米軍は虐待しません、命が大切です。早く出てきなさい……。
あの投降勧告はー体なんだったのか。

常夏の大空をこがさんぱかりに燃え上がる焔と黒煙。
幼い子供が泣き叫び、絶叫する。断末魔があがる。
そのすさまじいばかりの叫びが、中天高くあがり
太平洋の波をゆさぶらんばかりである。

「おい、もうがまんならん。撃て」この状況をみていた私は叫んだ。
同時に吉田軍曹が一発撃った。しかし、なんの効果もない。
敵は、もはや我々に無頓着である。

残虐な行為は凄絶をきわめた。火から逃れようとする子供や老人を、
周囲にいる敵兵は、ゲラゲラ笑いながら、また火の中へ突き返す。
かと思えば、死に物狂いで飛び出してくる子供を、
再び足で蹴りとばしたり、銃で突き飛ばしては
火の海へ投げこんでいる。

二人の兵隊が滑走路のすぐ横の草むらに置き去られて
泣いている赤ん坊をみつけだし、両足を持って、
真二つに引き裂いて火の中へ投げこんだ。

「ギヤッー!」という悲鳴。
人間がまるで蛙のようにまた裂きにされ殺されていく……。
彼らは、それをやっては大声で笑った。

無気味に笑う彼らの得意げな顔が、鬼人の形相に見えた。


 射撃をやめ、この非道な行為を脳裏に焼きつけた。
いまは眼からは一滴の涙も出ず、この恨みを、どこまでも生き抜いて
いつかきっと返さねばならぬと、全身に激しい怒りがみなぎった。

 恨みに狂う我々はしかし手のほどこしようもない。
焼き殺されていく無惨な運命にただ合掌し、
霊を弔うだけが精一杯だった。

 我々の発砲にとうとう敵の反撃が始まった。
看護婦たちが自決した右上の丘陵伝いに、攻撃してきた。
我々は洞窟に潜み、抗戦をつづけた。
そして夕暮れまでなんとか持ちこたえた。
だが、この戦闘でも半数は死傷者となり、明日への戦闘能力を失った。


『我ら降伏せず サイパン玉砕の狂気と真実』
田中徳祐著からの抜粋
終わり>

これがアメリカの正義の真実だ

同じ事をインデアン猟りから始まって、
フィリピン、日本、朝鮮、ベトナム、イラク、
アフガン、として来たわけだ

そう、奴らは、日本の定義では人間じゃないのである

こいつらに虐殺をさせないためにはどうすればいいか、
が政治家のもっとも基本的な現実テーマである。









コメントの投稿

非公開コメント

1 ■まぁ少なくともヒッピー世代以降は違います

「イラクで市民を撃ってしまった」だけでノイローゼになるどころか、無人機による爆撃でもPTSDになるのがアメリカ兵の大半。だから軍人が足りなくなっているから、自衛隊を使いたいのがネオ保守。
多少は狂ったのもいますが、数は少ない。
何しろB型はそんなに多くない。
太平洋戦争後の進駐軍だって、そこまでひどくはなかった。友好的な場合が多かった。今の沖縄の米軍基地だってそう。
もし日本が勝っていたら、もっとたくさん性犯罪などが起こっているはずです。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_266.html
朝鮮人の残酷さは米兵の比ではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%B3
矛先をずらすのをやめましょう。

2 ■無題

つらすぎます!
苦しくて言葉になりません!

3 ■無題

ユダヤ人が迫害されたふりをしてドイツに賠償金をもらいイスラエルを作った。日本はそれまで白人帝国主義だった世界の解放、非人種差別主義を唱えて第二次世界対戦はリンチ戦争だった。今もその力が及ばぬように、教科書の捏造により冤罪をかけられ、日本の無罪を訴える活動家が、現れれば、やつらの手先があらゆる手段で封じ込める。

この戦後の事実を知らずして、何が反中韓と踊らされているのか、真実は白人の帝国主義である。有色人種は彼らの家畜、彼らに戦争をさせて白人帝国主義は懐を肥やす。

この倫理を知っているから、この問題が出るのであろう。

4 ■無題

アメリカ人の証言があれば、かなり信用度が増すのですが。日本人も大陸などではえぐいことやってますから、日本人が交戦国から、どう思われているかが、逆にこうしたことから、わかりますよね。

5 ■はじめまして~お邪魔しますヽ(*´∀`)ノ

はじめまして、きえです!!素敵なブログを書かれてるんですね~最高ヽ(*´∀`)ノ!!これからも更新楽しみにしてます(´∀`∩)私はノマドライフをメインにブログ更新してまーす!!暇な時でも遊びに来てくれると嬉しいです♪

6 ■7.5新宿デモ - 集団的自衛権反対!安倍を倒せ!

今日も、東京・新宿では、今、現在、デモが行われています。

『安倍政権は倒すしかない!集団的自衛権の閣議決定を許さない7.5新宿デモ』

アルタ前を出発した市民は、「安倍は、ヤメロー!今すぐヤメロー!」のコールでデモ行進中です。
行けない人は、ツイキャスで見て応援しよう。
現在、ツイキャス配信中。

AlbaTross11 - 新宿デモ その2
http://twitcasting.tv/albatross11

kirikahe - 新宿デモ 安倍やめろ
http://twitcasting.tv/kirikahe

ツイキャスまるち
http://cocode.chu.jp/live6/

7 ■戦争の話

戦争の話は、どの国も同じです。日本人はそのようなことはないと、信じているのでしょうか?
私の叔母の友人は天皇の船で、仕事があるからと、アメリカに行き売り飛ばされたことに悲しみ、自分の親には内緒にしてほしいと、手紙をもらっています。私が中学生になった時に、話してくれました。
わるいのは、戦争です。戦争になれば、兵隊は、狂ってしまうのです。
殺し合いをするのですから、狂ってしまうのですよ。
しかし、お金のために女性を売りとばした、キリシタン大名といい、天皇といい、もっとも許しがたいことではないですか?
権力者は何をやっても許されたのです。
今、それをやっている人がいますよね、政府に。

8 ■全然違いますね

>クールCyrusIIさん
サダムフセインもカダフィも殺されています。日本人と違い攻撃的です。ベトナム戦争でベトコンの耳を削ぎ落としお土産にしていました。沖縄戦の1フィート運動の映像を観て、イラクでもアフガニスタンでも何ら変わっていない現実。何故震災は起きたのか?クークラックスクランとは何か?未だにアメリカにはあります。シーシェパードとは何ですか?日本人も変わったでしょうが、アメリカの白人には及びません。1フィート運動の映像は観た方がいいんですよ、日本人は、

9 ■うむうむ

 そうですね、第2次大戦時の民間人の死傷者数のデータが載っている国連の資料によれば、中国の場合、「1000万人以上」、あるいは、「多数の為、正確な計測は不能」・・・という記録があります。

 ご存知、悪名高き日本の731部隊に所属していた方の、証言によれば「2000万人以上」と、話される方もいます。
この辺の数字が真実味が、あると考えます。
なぜならば、巷では、やれ「南京大虐殺は無かった」とか、叫びまくる輩がおりますが、・・・それ以前に、上海で日本の戦闘機が「無差別爆撃」を行い、多数の死傷者が出ている痛ましい事件等も、ありました。
(この軍事拠点ではない、民間都市への無差別爆撃攻撃は、確かナチスに続いて、世界で2番目の悪行だった、と書かれていたと記憶します。
(また、ペンタゴンの戦時記録フィルムにも、当時、上海に住んでいたアメリカの牧師が撮影した爆撃時の記録が保管されていた様で、その痛ましい様子は、見ることは可能です。モノクロですが。)

 また、当時、ナチスに所属して中国で諜報活動をしてたドイツ人の証言も残ってる様で、それによれば、「至る所で日本兵は、女性を強姦して、抵抗する者は殺していた」・・・

滑稽な証言としては、「私が、ナチスの党員である事を知ったある中国人女性が、私に助けを求めて来た事もあった・・・それで、迫って来た日本兵に対して、ハーケンクロイツの腕章を見せると、彼らは、驚いて、立ち去ったのだった・・・」

 ・・・こんな感じですね。
ナチスのエピソードは、昔に(20年前位かな?)
買って読んだ中国横断ルポに書かれてました。
今は、だんだんと昔の戦争記録を美化したり、軽く見ようとする風潮が強いですが、それで、

「今の為政者たちが何を企んでいるか?」

推し量る事はできるというものです。・・・
 

10 ■震えますね・・・

これが戦争というものなのですよね。

しかし・・・
こういった話をすると、すわ!とやってきて、
「日本人だって同じことをやったじゃないか!」と、、
エセ日本人みたいな人が来てやり返すけれど、、
いったいどこの人ですか??苦笑

日本人だけが清廉潔白で何もやっていない!
なんて一言もいっていないのに・・。

すぐ極論に走ってあちらこちらにいって、
日本に対して刷り込まれた憎しみを吐露する
ことに必死で利用する愚。

おそらくは日本人じゃないんでしょうか?苦笑

日本人だって戦争に行った兵隊の残虐なことは
当然しただろう、知ってるよ!

でも、それは中国だって韓国だって同じだよ!
米だって独だって英だって仏だって、、
兵士はそうやって洗脳されて戦場に行かされる。

まともだったら出来ないでしょう。

なのに、こうした話をすると、、
ほら日本人もやった!日本人が残虐だと、、
「戦争責任を感じろ!」と、、

繰り返し繰り返し、そもそもの首謀者である人間
たちに向かっていうべきことを、あっちでこっちで、
必死に発言を繰り返す(エセ)日本人?

いいかげんそうやって公平で知的ななフリを
しながら、私怨をぶつけて煽るのは止めたほうが
よろしいのでは?

今、そうしたことで煽られて戦争が画策されて
いるんだといいかげんに気づかないと・・・
その愚が繰り返されるってことじゃないの?

みんなやってヤラレテ、同じ愚が繰り返され
続けているんだよ、、あまりにも酷いことが。

あまりにも酷いことが!
繰り返されつつあるんだってことでしょう?

そもそもが戦争兵器を作り出し売りさばいて
儲けるためにあちらこちらでビジネスを展開して
いるのは誰なんだよ?

こうした事実は事実として、戦争とはここまで
非道で残虐であまりなこと以上にあまりなこと
なのである!

これ以上、これをやってはいけないと気づく
ことが肝心なんじゃないの??

公平なフリして実際にはそうやって敵愾心を
煽り続ける人には要注意だと思う。



11 ■お偉いさんは

安全なとこにいて犠牲者は国民。憎んだらは憎まれたり、この繰り返しが永久に続く。殺し合いさせて、上から眺めて笑ってる。いい加減にしろ、です。そして、いい加減気付こうよ、です。

12 ■アメブロ始めました!

アメブロ始めました!とても楽しいブログですね!勉強になります!ぜひ、私のも読者登録してもらえるとうれしいです!!

13 ■加害者なのか?それとも、被害者だったのか?・・・

 ええ、先の大戦に於いての、日本の立ち位置は?・・・という事を論じる事はとても、大事だと思いますよ。
あ、先に申しておきますが、熊は純然たる道産子です。(中国、朝鮮系の血は引いておりませんから、ご安心を。)

 思うに、この悲惨な沖縄地上戦を生み出す、原因となったのは、当時の海軍の時代錯誤的な「戦力分析の誤り」が根底にあった事と、(所謂「大艦巨砲主義」というものですね。)
米国が、日本に意図的に「輸入資源の締め付け」(海峡封鎖」等による航路妨害)により、日本が「力任せ」に出てくる状況を狙っていた事、この策にまんまと、当時の軍の指導者が(引っ掛かってしまった・・・)事が大きな要因となっていると思われます。・・・

 何れにせよ、「先に手を出した」のは、日本であり、大陸に於いても、本格的な「日中戦争」に突入する以前から、中国に対して、「21ヶ条要求」の様な、理不尽な強制法を押し付けていた事は、事実ですね。
 
確かに、「戦争」に正義や倫理性はないでしょう。(否、もしかしたら、侵略された国や地域の人々にとっては、あるのかもしれませんが。)
 しかし、今の日本の政治家たちが、「昔の軍人は国を守る為に戦った・・・」という美談神話に、米国人も、中国人も、朝鮮人も、「YES」とは、誰も答えないでしょうね。・・

 太平洋地域及び、中国大陸地域に於いて、「戦況拡大」を推し進めたその当事国は、紛れもなく大日本帝国だった・・・事は、正確なる歴史認識として、憶えておくべきと、考えるのです。・・・

別に、日本人は300万人(1説には600万人強というデータもある様ですが)殺された、でも中国人は1000万人以上殺した・・・だから、日本人の方が残酷だ。・・・という論理で語るのではなくてね。

(長々と、再投稿恐れ入ります。)

14 ■昭和天皇

>チョコサブレさん
はじめまして。私が小さい頃から昭和天皇を間近で見る事が度々ありました。黒い車の後部座席に座っていましたが、窓越しで表情を見る事ができました。窓があいてる時もありました。
一車両程度の細い道をあっちから徐行してきて、私はこっちから歩いていてすれ違ったり、です。視線が合った事もありましたが、あのおとなしいような見た目にあの変な眼光というか目つきというか、変な嫌なオーラみたいのが全身からにじみ出てました。隠しきれてないオーラです。
私は自分がまだ子供だったのと天皇と聞いても興味なかったり天皇がどういう人間かも全く知らなかったのですが、あの目の奥にある嫌な感じとオーラは、子供心でも感じとっていました。
昭和天皇は、私が20歳くらいになるまでよく目の前を車で走ってたり、すれ違ったりしてました。
余談ですが、職場に常陸宮殿下がランチを食べに来ました。来てるのは知っていましたが興味もなく気にもしてませんでしたが、周りの人は嫌がっていて私が注文取りに行きました。お付きの人と3人でした。ステーキでも食べるのかと思いきや、『僕、カレーライス‼︎』と…庶民の味が良かったのかもです。

15 ■m(__)m

>孔徳秋水さん
はじめまして。戦争は敵に対しての人種差別も出てきますよね。そういうのもうまく利用して戦争させてるんですよね。
昔、フィリピンに一ヶ月滞在した時に高齢のおばあちゃんや、戦争経験者の高齢者から聞いた話だ、なんて言われていくつか話を聞いたんですが、かなりひどい内容でした。高齢者の中で、バカ・シネ・クソ・ブタ、とののしる日本語を覚えてる人まで。
しかし、中には日本兵は優しい人もいた、との話も聞いています。
戦争は本当に嫌です。私らのことゴキブリかなんかに見下してゴキ同士戦わせて、高みの見物してる輩が憎いです。

16 ■突然すみません!!

夫に内緒でブログ始めました(@3@)とても楽しいブログですね!勉強になります!ぜひ、私のも読者登録してもらえるとうれしいです!!

17 ■この内容と全く逆の内容の本を読んだことが有ります。

>泣いている赤ん坊をみつけだし、両足を持って、真二つに引き裂いて火の中に投げ込んだ・・。

この内容と似たものが、確か1970年代に発売された本だと記憶してますが、本多勝一さん著の「中国の旅」で読んだ事が有りました。オレンジ色の表紙でかなり分厚い本でした。
この本では、このような残虐行為を日本兵がやったと書かれていました。

戦争と言うだけで、日本兵はこれだけの残虐行為が出来るものなのかとも言っていました。
また、妊婦さんのお腹を裂き、云々。そんな内容も有ったと記憶しています。

いったい、何が、どちらが真実なのやら・・。
プロフィール

光軍の戦士

Author:光軍の戦士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。