スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被曝で殺して、貧乏で殺して、まだ死なないのは戦争に送る為の「集団的自衛権行使容認」

被曝で殺して、貧乏で殺して、まだ死なないのは

 戦争に送る為の「集団的自衛権行使容認」









 弁護士 中村憲昭 氏のツイートより

https://twitter.com/nakanori930/status/481562288466309122

予想通り、日本代表戦で浮かれているであろうタイミングで

自民公明が集団的自衛権基本合意。

政権にしがみつく公明も情けないが、

民主主義をないがしろにする安倍のやり口は本当に汚い。


埋め込み画像への固定リンク







有理 氏のツイートより

https://twitter.com/kokoroheiwa_spi/status/481161146221596673

日本の新聞もこれぐらいはっきり書くべき!

→" : イタリア紙日本の平和憲法との決別と大きく伝える

"

埋め込み画像への固定リンク





もみじ 


「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか」の研究集会

出席した安倍総理が集団的自衛権行使容認?



集団的自衛権行使容認で突っ走る安倍自民党政権。

その為か、以下の記事に多くの関心が集まっているようです。

重要部分を再掲載しておきます。



「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか」 
                      
~2005年10月25日キャピトル東急

http://ameblo.jp/64152966/entry-11432403299.html



2005年10月25日、26日、
ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントン
の政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが
主催して日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で
「政策研究集会」が開かれた。


テーマは
「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」
である。


参加者は
AEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公二(外務省総合
外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁防衛研究所副所長 陸将補)、
民主党前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。


テーマは「有事、戦争にどう対処するか」では無く、
「中国と日本をどのようにして戦争に持って行くか」である。


以上は裏付けが取れた正確な情報である。



以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。


今後2年前後に、日本海側の都市に「米軍の」ミサイルを着弾させ、
死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、
一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く。

また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし、世論を戒厳令体制、
戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、
イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。

「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、
テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。
が、真偽の確認のしようがないので情報の「信用度は低い」。

ただし、万一本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく
「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、
日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、
あえて信用度の不確かな情報を流します。


<引用終わり>
 

--------------------------------------------------------------------



 安保 隆氏のツイートより

https://twitter.com/AmboTakashi/status/481194156266508290


被曝で殺して貧乏で殺してまだ死なないのは戦争に送る

https://twitter.com/AmboTakashi/status/481194156266508290


被曝で殺して貧乏で殺してまだ死なないのは戦争に送るわけでしょう。

これは大量虐殺だな。まちがいない。


------------



 安保 隆氏のツイートより

https://twitter.com/AmboTakashi/status/480916187014897664


西村眞悟が「中学を卒業したら全員、徴兵せよ」と吠えている。

勉強するべき若者、働くべき若者を軍隊に入れたら、

生産性が壊滅的に下がり、日本人の知識や能力が壊滅的に下がる。

軍隊を強くして国が豊かになるんだったら、今ごろ北朝鮮は地上の楽園だ。

http://my.shadowcity.jp/2014/06/post-5102.html



-----------------------------------------------



 @wantonblog

20キロ圏に数百~千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」

- 47NEWS(よんななニュース)


〇2011/03/31の記事ですが、急性被爆で死亡した方もかなりおられたと

私は考えています。マスコミは原発擁護の為だけに存在しています。

https://twitter.com/wantonblog/status/481579286487248897



-----------------------------------------------




 
The daily olive newsさんのツイートより

https://twitter.com/olivenews/status/481449293039943682


日本の人口 2013年 24万4千人の記録的減少

http://japanese.ruvr.ru/2014_01_04/126861409/



埋め込み画像への固定リンク







徳永みちお氏のツイートより

https://twitter.com/tokunagamichio/status/480282164076871680

TBS報道特集:「私は、これ(集団的自衛権の行使容認)で

日本は終わると思います。日本の一つの時代が終わる。

それはいい方向には終わらない、破滅に向かうんじゃないかと、、、」

とNGOペシャワール会の中村代表。僕もそう思う。


埋め込み画像への固定リンク



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■まったくもって酷い・・・

ただの鬼というか邪鬼というか狂人集団によって取り殺されようとしている日本人・・・。というか世界中でも同じようなことが起こっているようですが・・。

日中戦争のシナリオが出来ていることについては、以前私のブログでも取り上げたことがあり、
他の方にも見ていただきたく、リンクを置いていきます。
http://ameblo.jp/135215/entry-11779146581.html
よろしくお願いいたします。

こうしたことが、表向きのメディアではまるで国同士が何かやっているように見えていても、実際は、裏で糸を引いている一部の支配者層たちがこの茶番を書いているだけであり、戦争して儲けるため、人口削減を実行するために引き起こされていることを広く多くの方々に知っていただきたいという気持ちです。

サッカーなんかの目をそらし作戦ですっかり政治的なことから関心が薄れてしまっている方々にも知らせてほしいという気持ちです。

2 ■羊たちの沈黙

羊飼いの晩餐か!?…

3 ■戦争に行きたいのなら

自分から進んで行くべきでしょう。
中学卒業したら徴兵だって、信じられない。
今私の、頭にはおそろしいことを、考えていますよ、それはここにはとても書けないけど、それほど、この人たちを消してしまいたいほどなんです。
きっと、このblogを愛している人は、皆そんな気持ちではないですか?

4 ■政治的に

勝手に、集団的自衛権のことで合意しても

国民は合意してないから。

行きたいなら、まず 議員さんが半分戦場に行っていただきたいです。


5 ■戦争するか否かはともかく、

日本が昔のナチスドイツみたいになるのを誰も止めないですよね…。
まさに今の状況は、ナチス政権前夜のドイツに似ていると思います。

6 ■第2の911自作自演事件を日本で準備中

宇宙情報:
米軍と自衛隊指導部主流は、こうした第2の911自作自演事件を日本の新潟への米ミサイル攻撃で近く起す準備を進めている。それは、北朝鮮による攻撃であるとのでっち上げ口実により、米帝による第2朝鮮戦争を強行し、手下の日本軍陸軍を参戦させるためであると、創造主らから警告がなされた。米帝はシリア侵略で失敗したあと、ウクライナ東部でも対露第3次大戦への挑発に失敗しつつあるので、あせっている。
しかしそうした犯罪は許されない。

7 ■Re:政治的に

>月のねこさん
本当、賛成の人だけ行ってくればいいんです、核のゴミも手土産に。そしてもう戻って来なくていいてす。
後は任せろ、です。

8 ■ブログ

>ビタミンZさん
ブックマークにいれました。記事を読みますねm(__)m

9 ■同感です

>パワーピンクさん
消えていい奴らばかりです…デスノートがあったら書きまくってます。1冊じゃ足りないかも。

10 ■みぞうゆう、の

>リニモ1号さん
麻生。ナチスに学べ…麻生は漢字を学べです。
WW2体験者の両親が生きていたら、嘆きますよ。両親が話をしていた戦前の日本そっくりです。
プロフィール

光軍の戦士

Author:光軍の戦士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。