FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世には~決して知ってはならない文字と歴史がある !

この世には~
決して知ってはならない文字と歴史がある !






LEGACY OF ASHES さんサイトの記事より
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/
 ~ 一部引用







漢字が流入する前の【古代日本文字】山窩(サンカ)文字
http://blogs.yahoo.co.jp/momonana_40s/25897493.html
    ↑
エラー 指定された記事が見つかりません。

ルーツは縄文時代から日本に存在した原日本人であるようで、
渡来人によるとされる弥生文明、大和朝廷による中央集権の
軍事的敗者なのかも知れません。






熊毛郡田布施町の朝鮮部落も山口県だが、山口県の彦島(ひこしま)
で発見されたペトログラフ(Shumer Petrograph)。
シュメールの古代文字だという。

もしこのシュメール古代文字が日本の古代神代文字であった
としたら全てが明らかになりますが、さらに切り込んでいく
学者はいない。
学者はペトログラフが大好きなのですが、真偽の程は分からない。
これが本物とすればなんですが......大きな発見になるのですがね。


かなりサンカ文字や八鏡文字(カタカムナ文字)と似ていますね。
だとしたら、ロスチャイルド家が日本のサンカの溜まり場である
田布施の朝鮮人部落のサンカを成りあがらせた事実と整合する。

それはたった今でも続いており日本国土崩壊まで続くのであろう。
米国海軍の2012年の世界地図には日本が消滅している。
この辺に切り込めば霧が晴れてくるだろう。

出エジプト記の時代のはるか以前にゴシェンの地に
セム族は定住していたのですが、このセム族が日本からの
サンカではなかったのかとの疑問はありますが、
本ブログでそこまで切り込めるのか自信はありませんが、
努力してみる価値はありそうです。

そのゴシェンの地より東南アジアから朝鮮をへて日本に密入国し、
住み着いたのではないか?管理人の浅学非才ではどうしようも
ありませんが「セム・ハム語」とサンカ文字の共通点が見つかれば
話は早いでしょう。

セム語というのはアラム語でありミトコンドリアイブの研究では
人類の発祥はたった一人のエチオピアの女性にたどり着く。
その子孫がサハラ砂漠と戦いながらゴシェンやシュメール,
古代イスラエルの地にたどりつきその後朝鮮を経由して
日本にたどり着いた........
サンカの人たちは長身で男前が多く頭が切れるという。
なんだか面白くなってきましたね。
ロスチャイルドが同胞としてサンカを成り上が
らせたのは決して偶然ではないだろう。






古代神代文字の最後に桃木文字が出てきます。
これはイスラエル国旗です。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~choreki/sinmoji.htm


記事にしましたが3月11日の翌日は12日土曜日
(土曜日は自由研修日)松下政経塾前の中華料理店でスーツ姿の
男女多数がビール10数本をあけさらに餃子や紹興酒を注文し
祝杯を上げていたということを忘れてはならない。

中華大新という店(住所:神奈川県茅ヶ崎市常盤町5-20)で
彼らは松下政経塾の人間であることは確認した。
その後、彼らの一人が店を出るや塾の前をランニング中の生徒に
「お~い,こっち来い」と声を掛け、また中で祝杯を上げていた。
若い人も多くいたとのことでしたが例の東電の二人かどうか未確認。

前原政調会長も松下政経塾の六期なのですが、
この政経塾に入れる資格は「サンカの朝鮮人」なのだろう。
頭がいいだけじゃ入れないということだ。
サンカの朝鮮人には性豪が多いという。
岸信介などもそうだ。
そういえば松下幸之助も妾が3人いたということはOBから聞き及んだ。

山窩は、古代シュメールから朝鮮半島を経由して日本に渡来して
住み着いた民族ではないでしょうか。
山窩文字から解明すれば何かかが出てくるかも。
古代イスラエルやシュメールから日本人が来たのではなく
反対かもしれません。
熱心で有能な主婦のかたも当面はこれ一本に絞って研究してほしい。


パラノイア的妄想では、イスラエルが日本を人工地震などで焼き払い、
将来、この国をイスラエル国家にする可能性も考えられますね。
古代ヘブライ民族はサンカであったというより、
サンカが古代イスラエルへ渡ったこともありえる。
戊辰戦争から今の現代に至るまでに一本の線はそう語っている。
サンカは謎の朝鮮人と決め付ける前に、これからその歴史を調べていこう。


戸籍を持たない「日本国民」~日本のジプシー「サンカ」
http://ow.ly/6RIv6←消されています。
日本には「日本人」でありながら、
「日本人の戸籍」を持たない人々が存在したのです。
日本列島の脊梁山脈や高地を移動し、「山」を生活の場として、
何と二千年もの間、里人と共存してきました。 

古史古伝

つまりこんなものを認めてしまったら、
日本史の全てがひっくりかえるということですね。

インドのカーストの最下層にも属さない「不可触民 」という人たちがいます。
ムンバイには、巨大なスラムがありますが不可触民はそこにさえ入れないのです。
それはサンカと同じなのです。
サンカの朝鮮人明治天皇がつくった東大卒で固められた官僚組織や
警察,検察,裁判所などありとあらゆる組織が成り上がりのサンカを
守るためにしか機能していないのです。
日本人は文句をいいませんからね。他の国では見られる人々の
「温もり」がどうしてこの国ではないのかのカラクリがそれです。

戦後の朝鮮人進駐軍などはヨツと呼ばれるペクチョン(白丁)も
多く含むサンカ進駐軍であった。
日本での食肉解体業者はほぼ全てこのヨツで占められている。
壮絶な婦女暴行など、この時見て見ぬふりをしていたのが当時の警察であった。
では誰が彼らに刃向かっていったかというと同じ在日でサンカではない
山口組三代目田岡一雄であった。
右のリンクに「代紋」がありますがそこをご覧ください。

ヘンリー・メイコウがいうように
『代理人は,彼らの忠義を彼らの国ではなく,
風の征するモレア=イルミナティに捧げるのである。
彼らの狙いは彼らの愛すべき国を破壊して,
その殺戮から利益を得ることである。』と。

サンカにとって愛すべき国ではまったくないわけで、
「金と名誉と地位」の引きかえにそういう人たちが今まで何を
してきたかを考えれば理解できるでしょう。
彼らを一言でいえば「罪の意識が希薄なさもしい」人間としか
表現できません。

ロスチャイルド家がなぜ長州ボーイズのサンカを利用したのか?
それは人間支配のための洞察力です。
底辺のサンカを成り上がらせ去勢した上で
群れの先頭に立たせる。見事なものです。

外交官だったアーネスト・サトウはいいます。
「日本人ほど背後に武力がある権威主義に対して容易に従う」と。
だから日本人を支配するのにはさほど苦労がいらなかったということでしょう。
その支配のためにどうせ意味の分からない一般大衆をイルミナティという
「見世物小屋」に誘導する必要があったのです。
デヴィッド・アイクなどはその誘導役を演じているのです。
回し者が闇の世界を暴いたり正義の味方になってガス抜きをするのは
諜報の世界では当たり前のことなのです

<引用終わり>
*****************************


今日の必見記事 ↓

日米100年史:
日本はどのようにアメリカの餌食とされてきたか

http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/100-d203.html


謎の転落死を遂げたクレヨンしんちゃん作者・臼井さんは
日本人の真の正体を漫画に描こうとしていた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11220799413.html


管理人

皆さんに、是非、お見せしたいと思い、
かなり重要な記事をリンクしようとしたら、
何と、削除されていたようです。

田布施関連の記事は、消されました。
以下の記事の下のほうにリンクしていたのですが。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11410098904.html

以下の文字にリンクしていました。

光軍の戦士・秘密資料庫 1
光軍の戦士・秘密資料庫 2

残念です。
日本の深い闇を探るなってことでしょう。



         何故、日本人が狙われるのか!? 






コメントの投稿

非公開コメント

1 ■今上陛下ですら韓国から来たって誤解されてる。。?


百済国も呉国も大陸半島の国から追い出されて国ごと生き場失ってしまった民族だった筈。。

何故いつ迄も反やまとんちゅで大陸半島好好?

おどみゃかんじんか~んじんあんひとた~ちゃよかしゅ~って。。戦後中国もサムスンも世界一

戦前戦後日本国の象徴富士山の麓の樹海問題

戦後70年!戦前戦中戦後日本国民の苦しみ

敗戦国日本のすそ野は決して豊じゃないです。


2 ■たくさん勉強しないと

いけないと思いました。全くの不勉強です(ーー;)

3 ■無題

日本人は約5億年前に創造主らによって創生された地球最古の先住民である

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/61.html

プロフィール

光軍の戦士

Author:光軍の戦士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。